FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H体験談。。マジ可愛かった少女 その1

俺が高3だった頃、遊び疲れて帰宅途中にコンビニ前にいる2人の女発見した。同じ方向に帰るツレと一緒だったんでなんのためらいもなく声を掛けた。

いろいろ話してたらそいつら姉妹だった。全然似てね~んだけど。疑うのもメンドイので「へ~、そうなんだ」程度しか聞いてなかった。

年聞くと姉が21、妹が18だって。妹 マジ可愛かったから俺 必死。

なんかそいつら姉妹の親が、帰り遅い事で怒ってるらしくて家に帰らなきゃなんないって。。 「あ~ぁ。ダメかよ・・・」 しかし引き下がらない俺。

携帯番号は教えてくれなかったけど俺の番号は教えといた。なんの期待もなく次の日、学校は寝過ごしたためにサボリ。(俺、夜中2時半までバイトしてたから結構遅刻常習犯だった)

昼過ぎに携帯が鳴り「あっ、ツレが起こしてくれてんのかな」 程度に思い携帯見ると、「公衆電話」 の表示が・・・

「誰やねん」 イタ電か??とりあえず出てみると
「もしもし?」・・・・。女の声だ。
「はい? ってか、誰?だっけ??」

返事なのか質問なのか何がなにやらわからん応答。また変なアンケートか?(実際わけわかんね~アンケートあった)

女 「覚えてる?」
俺 「・・・・。 !!!」 思い出した!!
女 「昨日・・」 女が言い出すと同時に、
俺 「昨日のコンビニの子でしょ??」

違ってたらどうしよ;; 内心バクチ大勝負のような心臓バクバクの瞬間。

女 「え??」
俺 「あれ?」 (やらかしたぁぁぁぁぁ!!)と思った瞬間
女 「アハハ そうだよ~」
俺  (勘弁してくれよ~。マジ焦ったぞ!ヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!! )

まさか本当に電話くれると思ってなかったからビビった。
俺 「かけてきてくれたんだ??」
女 「うん。ってか、明日って暇ないかな?」 

(うぉ!展開早ぇぇぇ!!)何の疑いも無く
俺 「いいよ。空いてる。っていつも暇だから毎日空いてるぞ~」
女 「そっかぁ、んじゃ会おうよ」

俺 「んじゃさ、明日休むから昼から会おうよ。迎えにいくからさ」
女 「え?いいの??でもさ、昼から会ってどうすんの?」

俺 「は?なんで?」 どうすんのって・・・・。返答に困った。
女 「んじゃぁさ、夜の7時に○○の前わかる?そこで待ってるね」
俺 「OK! んじゃ、またね」 

多少簡略して書いたがあの時の最初の会話はこんな感じだった。声掛けたあの夜、一緒にいたツレは姉のほうに携番教えたけど連絡はなかったらしい。

なんか、積極的っつ~か、大胆っつ~か、怖くなるようなもんだが、何かあの頃は何も怖いとか思ってなかったから割と堂々としてた。

そして次の日。 待ち合わせ時間まで@1時間。 なんかドキドキしてきた。2日前に会ってるにしてもやっぱ、2人で会うとなるとさすがに緊張してきた。

そいつはセミロング、茶髪で身長154くらい。痩せてるほうだ。目もぱっちりしてて誰もが可愛いと思うハズ・・ってなくらいだった。

胸は夜だったしそこまで見てなかったから覚えてない。巨乳でないことは確かだったくらい。

そして遂に時間が来た。 俺は電車で待ち合わせの場所へ向かう。「俺が先に着いてたりだったら格好悪ぃなぁ」 なんて思いながら歩いて目的地に目をやると「いた!!」

なんか前会った時よか可愛い服装だった。女の名前はクミだと・・。

俺 「よぉ!」 (不自然でぎこちない挨拶・・・)
クミ「こんばんは~♪」 (おぉ、なんか今日の格好 可愛ぇぇえ)

なんか待ち合わせ感バレバレが嫌というか恥ずかしかった俺は、すぐその場を移動したかったので歩きながら会話してブラブラあてもなく歩いてた。

俺 「・・・でさ、マジ笑っちゃったよ」
クミ「ねぇ、あのさぁ何処向かってる??」

俺 「え?あぁ、とりあえずメシ食いに行くか、どっか店入って落ち着く?」
クミ「提案があるんだけど・・聞いてくれる?」 

俺 「あ、行きたいトコあった?いいよ! 何処何処?」
クミ「・・・。んとね、ホテルなんてどう?」
俺 「(´゚ω゚):;*.':;ブッ」 (えぇぇ??? ってかいきなり??)

マジで一瞬 頭の中が真っ白になった。何か一瞬でもとまどったりためらったりするとチャンスが逃げそうに感じた俺は表情を変えないまま(内心焦りまくってた)

俺 「お! いいねぇ マターリするのもいいかもね?」なんてわけのわからない返事する。
クミ「いきなりこんな事言うからビックリしたでしょ?」

俺 「そうかぁ? 別にそんな事ないよ?」 (俺 ウソつきだ・・・)
でも、表情に出さないってか、動揺しても相手にバレないのは昔から得意だった。

そして適当なラブホ見つけて普通に堂々と中に入って行った。クミに好きな部屋を選んでもらいカードを持って504号室へと向かった。

部屋に入ってとりあえずソファに座る俺。なぜか慣れた感じのクミ・・。俺よか堂々としてる。たいがいの女ならいろいろ探したりあれこれさわったりするはずなのに、なんか落ち着いてる。 

でも俺の頭の中はセックスより何でいきなりホテルなのかが疑問で、クミが喋り掛けてきた時も適当な返事するだけだった。(大丈夫か?俺?? やっぱヤバいんじゃね?)

いまさら焦っても仕方ない。なんとでもなりゃイイやって半ばヤケ気味で、そんな頭の中の葛藤は忘れる事にした。

気がつけば何か、それとなくそれな雰囲気になってた。俺もクミも服は着てるがベッドの上だし。そしてそのまま開始した。 

俺はクミに優しくキスをして慣れた振りした手つきで服の上からクミの胸をさわる。

クミ 「ぁ、ん・・」 
大きくもなく小さくも無かったその胸を直接さわりたくなった俺は、キスしながらゆっくり服を脱がせていった。何の抵抗も無いクミ。俺に任せてる感じが伝わった。

小ぶりで可愛いピンクの乳首があらわになった。たまらずしゃぶりついた俺。乳首を舐めながら太ももからクミのアソコを目指す。

と、その時クミが俺につぶやく。
俺 「!!!!」 俺は耳を疑ったよ・・・(次回へ続く)


セフレ募集中ぅだょ. セフレ募集中ぅのH好きな女性が多数参加!「やっぱり大事なのは体の相性だよぉ♪」

tag : セフレ エッチ 体験談 同級生 中学 高校 処女

メニュー
エッチな体験談の月別アーカイブ
エッチな体験談のRSS
エッチな体験談のQRコード
QRコード
エッチな体験談の逆アクセス
エッチな体験をしたオッパイ!!
エッチな体験をしたオッパイ!!
エッチな体験談情報
  • seo
COUNT THIS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。